オルガンとなかよし

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬儀の奏楽

<<   作成日時 : 2018/02/01 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週は葬儀

104才の方を送った。

最近は葬儀場で葬儀をすることが増えたけど、
理由の一つに「教会の人に迷惑かけたくない」ということ。
準備や片付け、受付とか、
いろいろ気にして遠慮してそうなることが多いけど、
今回教会でやることになって
結果「教会でできて良かった」と

愛唱賛美歌も多くて、
その中から選ばれたものをみんなで心を込めて歌って
「わたしも教会でやって欲しい」と、80代の方の後日談。

  葬儀はいつもの礼拝のときより
        少しゆっくり目に弾いたよ

と家族に話したら

  わかったよ

と一言。

通じるこの安心感もあって
葬儀の奏楽ができるんだなー






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば、20数年くらい前までは葬儀は自宅や地区の集会場、お寺、教会などで執り行われる場合が多かったですよね。
このたびは教会でなさったということで、逝去された方も慣れ親しんだ礼拝堂で最後の礼拝と皆さんからのお別れをお受けになり、安らかにみ国へ旅立たれたことと思います。
ご葬儀の奏楽、お疲れさまでした。
にゃあ
2018/02/04 18:30
ありがとうございます
教会での葬儀は、交通の便や天候も気になって、早くから葬儀場を考えている方が多くなりました。
参列者のみなさん、いろいろと考えること感じることも多くあったようで、教会でできて本当に良かったです
おるがん太郎
2018/02/04 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
葬儀の奏楽 オルガンとなかよし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる